髪の強度は、どのくらいだと思いますか?
実は、髪の毛10本の束で、
1.5リットルのペットボトルを持ち上げるほどの強度があります。
意外と強い髪ですが、ある条件下では強度が急低下して、
傷みやすくなるので注意が必要です。
今回は「髪の毛ってどのくらい強いの?」という疑問にまつわる
トリビアをご紹介します。

ひとり分の髪でクルマ10台を引ける

髪の毛1本には、細いタンパク質の繊維が無数に集まっていて、意外と強度があります。

引っ張って切るためには、約150gの力が必要で、髪の毛10本の束で1.5kg、1,000本の束なら150kgの力が掛からないと切れない計算になります。

日本人には、およそ10万本の毛髪があるといわれているため、ひとり分の毛髪の束には15t、つまり普通自動車10台分を引っ張るくらいの強度があるのです。

そう聞くと、毛髪の意外な強さを実感できるのではないでしょうか。

理論的には、みんなビックリ人間!?

一方で、頭に生えている髪の毛を抜くときに必要な力は、1本当り約50 gといわれています。

つまり、ひとり分の毛髪10万本に均等に力が加わった場合、約5,000 kgまで抜けずに耐えられることになります。

「世界ビックリ人間」といったような、驚くべき能力の持ち主を紹介するテレビ番組で、頭髪やあごひげを束ねてトラック等を牽引するシーンを目にすることがあります。

見るとビックリしてしまいますが、理論的には毛髪が豊富に生えていて健康であり、かつ肉体的に引っ張る力を持ち合わせた人なら、誰にでもできることなのです。

ただし、毛髪1本1本に均等に力を加えることは不可能に近く、それを達成してしまう人は、やはりビックリ人間だといえます。

濡れたときは注意!髪の強度は半分以下に…

ここまでの話は、毛髪が乾いた状態に限ってのこと。

ドライな状態のときには、たった10本の束で1.5リットルのペットボトルを持ち上げられる髪の毛も、ひとたびウェットな状態になると強度は急低下します。

水によって髪の毛内部の結合の一部分が切れると、「降伏応力(毛髪を引っ張って離したときに、元の状態の長さまで戻ることができる最大の力)」がドライ時のおよそ40%に減ってしまうのです。

つまり、髪の毛は濡れているときが最も弱い状態。

そこで、髪を洗った後、しっかり乾かさずに寝てしまうのはNGです。タオルドライ後は、できるだけ早く乾かしましょう。

髪が弱くなる理由あれこれ

しかし、たとえドライな状態でも、さまざまな外的・内的要因からダメージを受ければ、髪の毛の強度は低下します。

髪の毛が弱くなる外的要因

白髪染めを含むヘアカラー、パーマなどを行った後にアフターケアを怠るとダメージにつながります。

また、過度な紫外線や、ドライヤーやヘアアイロン、コテなどの当て過ぎも強度を下げることが分かっています。

髪の毛が弱くなる内的要因

加齢や無理なダイエット、体調不良などによる「毛髪の細毛化」で切れやすくなります。

毛髪は角化した細胞の固まりですので、自己修復能力はありません。
健康で強度の高い髪を維持するには、ダメージを与えない、進行させない適切なケアが大切です。

お友達に教える

よく見られている豆知識ランキング