日本をはじめとしたアジア各国では黒髪が中心ですが、
世界に目を向ければブロンド毛(金髪)や赤毛など、
さまざまな髪色が見られます。
そして、どの髪色も白髪へと変わる可能性があります。
このような多様な髪色はどういったしくみで生まれるのでしょうか。
また、ブリーチとメラニンの関係についても紹介したいと思います。

ユーメラニンとフェオメラニンの量で髪色が決まる

『髪の色を決める「メラニン色素」とは?』でも紹介しましたが、髪の色を決めるのはメラニンという色素です。

メラニンにはユーメラニンとフェオメラニンの2種類があり、ユーメラニンは黒色~こげ茶色、フェオメラニンは赤茶色~黄色の色素です。

髪に含まれるユーメラニンの量が多いと黒色で、少ないとこげ茶色というように、髪に含まれる量によっても色が変わるのが特徴です。

ちょうどコーヒーを薄めていくと、色が薄くなっていくのと同じですね。

簡単なまとめになりますが、ユーメラニンとフェオメラニンの量と髪色の関係は、次の表のようになります。

<ユーメラニン/フェオメラニンの量と髪色の関係>
髪色 ユーメラニン
(黒色~こげ茶色)
フェオメラニン
(赤茶色~黄色)

非常に多い 少ない

ダークブラウン

多い 少ない

ブラウン

やや多い 少ない

ブロンド

少ない 少ない

赤毛

少ない 多い

白髪

ほとんどなし ほとんどなし

メラニンとブリーチの関係

白髪用ヘアカラーをはじめとする一般的なヘアカラーリング剤には、ブリーチ作用があります。

ブリーチとは、メラニン色素を壊して髪色を明るくする働きのことです。

といってもメラニンは、そう簡単に壊れるものではありません。

黒髪をブロンド色までブリーチした場合、「メラニンの半分ぐらいが壊れたかな…」という程度です。

金髪碧眼の人もブリーチを使っている?

欧米には、輝くばかりのプラチナブロンドの人がたくさんいる、そんなイメージをお持ちではありませんか?

実は、生まれつきこのような金髪の人は思いのほか少ないといわれています。

黒髪のアジア人が頭の部位によって白髪が多かったり少なかったりするように、金髪の場合も部位によって多少色が変わるのだとか。

そこで、自分でブリーチすることで髪色を整えている人が多いそうです。

日本で売っているブリーチ剤は、ライトナーとも呼ばれる2剤式のものと、パウダーブリーチとも呼ばれる粉末を含む2剤または3剤式の主に2種類ですが、こうした国ではたくさんの種類のブリーチ剤が売られています。

お友達に教える

よく見られている豆知識ランキング