1回でしっかり
白髪を染めたいならヘアカラーね!
ニーズによって、さまざまな商品が
あるのね!

ヘアカラーとは

ヘアカラーは、染料が髪の内部まで浸透するので、1回でしっかり染まります。
シャンプーしてもほとんど色落ちせず、約2~3カ月間色が持続します。

特徴

  • 1度でしっかり染まる

    色持ちが良い(2~3カ月)

    カラーバリエーションが豊富

  • 髪への負担がある

    カブレることがある

    皮膚アレルギー試験(パッチテスト)が必要

染まる仕組み

毛髪のメラニン色素を分解すると同時に、染料が髪の内部に浸透し染まります。

メラニン色素 脱色されたメラニン キューティクル コルテックス 染料 メデュラ

種類

クリーム

  • ・部分染めがしやすい(垂れにくく、狙った部分に塗りやすい)
  • ・小分け使いができる
  • ・伸びてきた根元の白髪が染めやすい(垂れにくく、狙った根元に定着するため)

液状/乳液/ジェル

  • ・全体染めがしやすい(薬液の伸びが良く、髪全体になじませやすい)
  • ・ムラなく隠れた白髪も染めやすい

フォーム/泡

  • ・手に取ってスタイリング感覚で気軽に染められる

粉末

  • ・水にとくだけで使える

すでにご使用の方へ

髪を染めたあとに、髪をキレイに保つためのケアはとても大事です。
直後のケア、毎日のケア、キレイを保つケアについてご紹介します。

DID YOU KNOW? 知ってましたか?

白髪用と黒髪用の違い

白髪用と黒髪用では色の作り方が違います。
白髪のある方の多くは、白髪と黒髪が混在した状態になっています。
そのため、白髪用ヘアカラーは、白髪と黒髪の色味を合わせるような色づくりをしています。
一方、黒髪用のヘアカラーは、黒髪や黒髪が明るくなった髪に適した色づくりをしていますので、
白髪に使用すると、染まらなかったり不自然な色味になることがあります。
白髪を染めたいときは、白髪用の商品を使うようにしましょう。

市販品とサロン品の違い

市販品はご自身で染められる方が扱い易く、また、できるだけムラなく染まる様、
更にはお客様のニーズに合わせたさまざまな形状・タイプをご用意しています。
それに対し、サロン品は理美容師の方が、プロの技術をもって扱うカラーリング剤です。
お客様の髪の毛のダメージ度合い等によって使い分けたり、
プロ用のハケを使って塗り分けたりする事を想定したクリームや液体等になっています。

男性用と女性用の違い

男性用、女性用の商品とも基本的な成分に違いはありませんが、
色味や風合いなどが、一般的な男女の好みにより合うように調整されています。
また、一般的に男性は短い髪型の方が多いため、
ブラシやコームといった塗布具が短めの髪に合わせて作られています。