うつつ染めがたり

登場する方の「人生」を彩る「うつつ染めがたり」

うつつ染めがたり Vol.1

今月からお届けする「うつつ染めがたり」。第1回目は、東京都北区王子にある大衆酒場『宝泉』の女将、濱 政子さんをご紹介します。宝泉は、家族経営ならではの人の温もりを感じるお店。女将さんの「on」と「off」の過ごし方を伺ううちに、その温かさの理由がわかった気がしました。

  • 働く女性には、凛とした美しさがあります。職業が異なれば、持っている「色」も異なるもの。日本人女性ならではの、たくましさとしなやかさをお伝えします。
  • ひとたび職場を離れれば女性としてのやわらかさを取り戻す。やさしい時間とともに、個性としての「色」が顔を出す時。休日のくつろいだ時間に見せる、女性ならではの表情に迫ります。

”うつつ染めがたり〜The Colors of Life〜”について

万年筆

今回、新しくスタートする”うつつ染めがたり 〜The Colors of Life〜”では、『白髪染めをしている方』の日常にスポットを当て、その方の生活そのものを感じながら、改めて『日本人に根付いている白髪染めという文化』をさまざまな角度から探ります。ヘアサロンでヘアカラーをすることとは一味違った想い出や工夫を、その人の人生と照らし合わせて行きながら描いていければと思っております。

長かった冬も、ようやく終わりを告げるかのような春の日差しの中、新しく装いを変えた”いろみごこち”第一回目の撮影が行われました。撮影当日、東京都内の最高気温は17℃。東日本大震災に伴う自粛を受け、飛鳥山公園にはぼんぼりも設置されていませんでした。
そんな中、今回取材をさせていただいた「お母さん」の濱政子さん。「お父さん」「お兄ちゃん」と呼び合う家族3人から醸し出されてくる『家族愛』に、とても心癒される一日でした。それでは、第一回目の”うつつ染めがたり 〜The Colors of Life〜”をご覧ください。

白髪染めはオトナの女性の嗜み