うつつ染めがたり > Vol.29  関 喜久子さんの『もんじゃ・お好み焼き ひまわり』

登場する方の「人生」を彩る「うつつ染めがたり」

オリンピックが開催される年まで元気でお店に立ち続けたいです。

OWNER  × MUKOUJIMA  Vol.29 関 喜久子さん ひまわり 店主  「もんじゃ・お好み焼き ひまわり」 東京都墨田区 地元の人々に愛され続けている、もんじゃ・お好み焼きのお店
「ひまわり」。昔ながらの味と気取りのない雰囲気が人気で、長年通う常連さんも少なくありません。店主の関さんが守り続ける、下町の味をご賞味あれ。

東向島駅のすぐ近く、食欲をそそる香りに誘われて暖簾をくぐれば、もんじゃを焼く賑やかな音が出迎えてくれます。店主である関 喜久子さんに、お仕事のことやご家族のこと、髪のことなどについて伺いました。

惚れこんだ味を受け継ぎ始めたのが「ひまわり」です。

もともと私がもんじゃ好きで、以前、しょっちゅう行っていたお店があったんです。通ううちに、高齢になった店主の方から、お店をたたむことにしたというお話を聞きました。当時、ちょうど何かお店をやってみたいと思っていたところで、私が味を受け継ごうと決めました。それで、レシピを一から教わって始めたのが、この「ひまわり」なんです。

受け継いだもんじゃやお好み焼きは、昔ながらの下町の味です。その味を守りながらも、お客さまの声を聞きながら、新しいトッピングなどを増やしています。うちの店でいちばん人気があるもんじゃは、もちめんたいチーズなんですよ。お好み焼きに使う、甘すぎないきりっとした味のソースも、通っていたお店から譲り受けた味です。人気のメニューをいろいろ焼いてみますから、ぜひ召し上がってみてくださいね。

向島の街並み

笑顔の関 喜久子さん

「美味しかったよ」のひと言が何よりの励みです。

店名の「ひまわり」ですが、主人の弟の提案なんです。最初は、苗字を入れた店名を付けようかなと考えていたんですが、義弟が、お客さまが覚えやすくて明るいイメージのものがいいよって。そうだ、「ひまわり」なんかいいんじゃないって言われて即決しました。

お店が18年続いていることもあって、常連のお客さまもたくさんいらっしゃいます。地元のサッカーチームの皆さんがよく足を運んでくれるんですけど、そのお客さまたちとは、お店を始めた頃からのお付き合いです。二十代だったお客さまが今では四十代になっていますから、本当に長いお付き合いになりますね。常連のお客さまとは、休日にみんなで日帰り温泉に行ったりして、けっこう仲がいいんですよ。

この商売をやっていると、やっぱりお客さまの「美味しかったよ」のひと言が何より嬉しいですね。励みになりますし、やりがいを感じます。あと、幅広い年齢層のいろんなお客さまと知り合えるのも、この仕事の魅力だなと思います。

休日は、趣味のゴルフや孫と過ごすのが楽しみです。

私は、生まれも育ちも東駒形です。庶民的で住みやすい街ですし、私は好きですね。このへんは、街を歩いているとスカイツリーがよく見えるんですよ。でも、スカイツリーができてからも、下町の良さはそのままですね。

スカイツリーに限らず、墨田区にはいろいろ名所がありますけど、向島百花園は四季折々の花が楽しめておすすめですよ。秋は、萩のトンネルが見頃なんです。歴史のある庭園だそうで、江戸時代にできたと聞いています。園内でお茶会を催していることもあって、着物姿の方もめずらしくありません。趣のある庭園に着物姿って風流でいいですよね。

向島百花園などで花を愛でるのもいいですが、最近は、友だちと趣味のゴルフをしたり、主人と映画を観に行ったりすることが多いですね。
あとは、孫たちと遊ぶことも楽しみの一つです。私はいま55歳なんですが、3人の孫のおばあちゃんなんですよ。いちばん上の孫は、もう11歳です。孫たちの運動会へ応援に行ったりしますし、家族で過ごす時間は楽しいですね。

お好み焼きの盛り付けをする関 喜久子さん

チーズの乗ったお好み焼きの具材

鉄板で焼くお好み焼き

店員さんと談笑する関 喜久子さん

笑顔で接客をする関 喜久子さん

向島百花園のトンネル道

髪をきれいにしているだけで気分よく仕事ができます。

3人の孫のおばあちゃんでもありますし、年齢に合ったおしゃれを楽しむようにしています。あと、お客さま商売ですから身だしなみには気を遣いますね。顔のパックをしたり、肌や髪のお手入れは、年齢を重ねるごとに自然と手を掛けるようなりました。

仕事柄、帰るのが深夜になってしまうこともあるんですが、髪を洗った後は、しっかり乾かしてから寝て、できるだけ髪が傷まないように習慣づけています。
少しでも白髪が出てくると仕事中も気になるので、こまめにカラーリングをしています。髪をきれいにしているだけで、気分よく仕事ができますね。生え際などに白髪を見つけたときなどは、自分でさっと部分染めをします。忙しいときでも手軽にできるので本当に助かっているんですよ。

お店を始めてから18年ですが、お客さまからパワーをもらいながら、まだまだ仕事を続けたいですね。2020年に、東京でオリンピックが開催されることが決まりましたけど、7年後は62歳になります。そのときまでは元気でお店に立っていたいなと思います。

関 喜久子さんの後ろ姿

お好み焼きを焼く関 喜久子さん

厨房カウンターで店内の様子を伺う関 喜久子さん

3人のお孫さんがいるとは思えないほど若々しくはつらつとしている関さん。お子さんやお孫さんたちにとっても自慢の母・祖母なのではないでしょうか。明るく元気なイメージがある「ひまわり」という店名と、関さんのお人柄が重なっているように感じました。

INFORMATION

もんじゃ・お好み焼き ひまわり

もんじゃ・お好み焼き ひまわり

ADDRESS

東京都墨田区東向島5-8-2

TEL  03-3619-3180

向島百花園

向島百花園

ADDRESS

東京都墨田区東向島3

TEL  03-3611-8705

URL  http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index032.html

白髪染めはオトナの女性の嗜み