「白髪は抜くと増える」という噂や通説を聞くことがありますが、
これは事実ではありません。
とはいっても、無理に白髪を抜くと毛根を傷つけてしまうので、
抜かない方が良いことには変わりはないのですが…。

白髪を抜いても白髪は増えない

「白髪を抜くと増えるって本当?」「白髪を抜いたところから、白髪が2本生えてくると聞いたんだけど…」

そんな白髪に関する素朴な疑問や不安について、よく耳にします。

結論からいえば、白髪を抜いたことが原因となって白髪が増えることはありません。

同じように「白髪染めをすると白髪が増えるらしい」という噂も、迷信です。

では、なぜそう感じる方が多いのでしょうか。

「白髪を抜いたら増えた」と感じる理由

一般的に、白髪を抜きはじめたり染めはじめたりする時期は、白髪が生えはじめた時期であることが多いものです。

そして、生えはじめの時期は、白髪が増えていく時期でもあります。

目立ってきた白髪を抜いているうちに、増える白髪の数に追いつかなくなってしまい、「白髪を抜いたら増えた」と感じるのではないでしょうか。

白髪を抜くと毛根を傷める原因に

白髪が数本を見つけたとき、あるいは数えられるうちは、「白髪を見つけたら抜く」という白髪ケアをしている方も多いと思います。

しかし、白髪を抜いたことで毛根に傷がついて炎症を起こしたり、毛髪が再び生えなくなったりする場合があるため、できる限り白髪は抜かない方が良いでしょう。

また、最近の研究では年齢にもよりますが、白髪の何割かは治る可能性がある白髪といわれています。

しかし、白髪を抜けば抜くほど「絶対に治らない白髪」になることがわかってきました。

よって白髪を抜くことは、何かのきっかけで黒くなる可能性のある白髪もあるのに治る見込みを減らして「絶対に治らない白髪」にしてしまっていることになります。

毛根が増えることはない

「白髪を見つけたら抜いてしまおう」と思っている時期は、髪の毛の量を気にしていないかもしれません。

しかし、男性でも女性でも、年齢が進むと髪の一本一本が貴重に感じられるものです。毛根が増えることはないので、白髪を抜いたせいで毛根を傷めると、将来「髪の毛が減ってしまった」という別の悩みを抱える可能性があります。

そこで、どうしても白髪が気になるときは、抜くのでなく「根元から丁寧に切る」または「白髪染めをする」方が良いでしょう。

お友達に教える

よく見られている豆知識ランキング